【画像で解説】レンタルサーバーでメール設定?エックスサーバー?

メールアカウント作成とメールソフトの設定

 サーバーにドメインを登録するとメールアドレスを作成することができます。ここでは、独自ドメインでのメール設定と、メールソフト(Sylpheed)の設定方法を解説していきます。




■サーバーでメールアカウントの作成

1.エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

2.トップ画面のメールアカウント設定をクリックします。
2メールアカウント設定

3.メールアカウントの追加をクリックします。
3アカウント設定

4.@マークより前の文字列を決めてください。パスワードはすぐに使いますので忘れないようにしましょう。
4アカウント設定

5.入力した内容を確認しましょう。
5アカウント確認

6.アカウントが追加されました。
6アカウント

7.メールソフト用に、POPサーバー等の情報を控えます。メールソフト設定をクリックして確認してください。
8メールソフト用の値入手

8.続いてメール設定です。メールソフトはSylpheedというソフトですが、結局どんなソフトでもやることは一緒です。メールソフトを起動します。
9メールソフト起動

9.新規アカウントの作成をします。
10新規アカウントの作成

10.POP3を選びます。
11アカウント作成

11.アカウントを作ります。
・表示名は、メールソフト内での表示だけでなく、受信側でも表示されます。
・電子メールアドレスは先ほど作ったものを入れます。
12アカウント作成

12.手順7で控えた値を使います。
13IDはメールアドレス

13.アカウント作成されました。設定内容を確認してください。
14アカウント設定

14.メールの送信と、受信のテストをしてみましょう。GMAILとかなんでもいいので、先ほど作ったアドレスにメールを送りましょう。Sylpeedは自動受信しないので、受信ボタンを押します。
15テストの受信

15.パスワードを聞かれたら、先ほどレンタルサーバーで設定したアカウントに対するパスワードを入れます。
16サーバーパネルで設定したパス15.

16.受信しました。成功です。ついでに送信テストもして問題なく送れれば成功です。
17受信しました


■メールの受信が上手くいかない時に見るところ

 メールサーバーにアクセスできませんでした・・・応答がありません・・・などなど受信が上手くいかない時、大体の原因はSMTPのポートが閉じられていることが原因です。ポートの設定を解説します。

1.アカウントの編集
18受信がうまくいかないとき

2.編集したいアカウントを選択します。
19アカウントの編集

3.赤枠に、パスワード(レンタルサーバーでメールアカウントに設定したパスワード)を入力しておくと、毎回パスワードを入れる手間が省けます。
20パスワード入れておくと次から入れないですむ

4.高度な設定タブを開き、SMTPポートを「587」に指定してください。
21ファイアウォールで止められないポートを指定する

設定を保存したら完了です。お疲れ様でした。



[Sponsored Link]

■まとめ

一、レンタルサーバー上でメールアカウント作成
二、メールソフトでメールアカウントを登録
三、SMTPポートは587