【画像で解説】レンタルサーバー上でのデータベース作成

エックスサーバーでのデータベース作成方法

HP作成が完了したらアップロードに向けて準備が必要です。そのうちの一つ、データベースの作成について解説していきます。
 データベースの作成方法は、大きく分けて

?サーバーパネルでデータベース作成

?PHPmyAdminでテーブル作成

のステップになります。




■?サーバーパネルで作成

まずはサーバーパネルでデータベースを作成します。サーバーパネルにログインしてください。

1.ログイン後、トップ画面からMySQL設定をクリックします。
1データベース作成

2.現在作成されているデータベースが表示されます。
2追加

3.MySqlユーザ追加をクリックしユーザ名、パスワードを設定してください。データベース接続時にこの情報を使用しますので忘れないようにしましょう。
無題

4.次にMySQL追加をクリックし、データベース名を決めてください。このときの名前は「レンタルサーバーのID名+データベース名」になります。また、データベースの文字コードは、PHPやCGIを作成したものと揃えましょう。文字化けします。
3データベース追加

5.入力完了で確認します。4確認

6.MySQL一覧に戻ると、先ほど追加したDBが表示されますので、アクセスできるユーザーを設定します。アクセス権未所有ユーザからユーザ名を選択肢追加します。
5アクセス権付与

7.追加されました。
6追加を押して完了

8.次にテーブル作成です。サーバーパネルトップに戻り、phpmyadminをクリックします。
7phpmyadminでテーブル作成

9.すると次のような入力を求められます。手順3で設定したユーザーIDとパスワードでアクセスします。
8sqlユーザ名とパスワードでログイン

10.ログイン後の画面です。中段にある「データベース」をクリックします。
9ログイン後

11.すると編集できる対象が表示されますので、必要なものをクリックします。
10データベースクリック

12.するとテーブルがない旨表示されます。ここでテーブルを作成できますが、テーブル内のカラムを1つずつ入力するのは面倒なので、SQL構文で一度に作成します。上の方にある「SQL」タブをクリックします。
11データベースをクリックするとテーブルを作れる今回はクエリで実行

13.クエリ入力欄がでますので、SQL構文を記入し実行しましょう。なお、データベース名称は「サーバーID+DB名」になっているので、指定を間違えないようにしてください。
12SQLタブクリック

14.実行結果が返ってきますので、実行内容を確認しましょう。
13実行後

15.構造タブをクリックするとデータベース内の様子が確認できます。また、アイコンをクリックすると、テーブルの中身を確認することができます。
14構造を押すとテーブルが作られている必要な分だけ繰り返す

必要に応じて手順を繰り返し、テーブルを複数作成していきます。これでデータベースの作成は完了です。

ちなみに、phpの場合mysqliクラスのコマンドでDBとの接続をする際には、

$mysqli = new mysqli(‘手順2で得たIP,手順3で得たID,手順3で得たパスワード,手順7で得たDB名’);

となります。ローカルで作成したDB名称と変わっていた場合は修正を忘れないようにしましょう。


■付録:phpmyadminでレンタルサーバーにデータベースのテーブルをデータごとお引越し

 上記の方法では、DBの新規作成が可能ですが、すでにDB内にデータが入っておりデータごとレンタルサーバーにアップしたい場合があると思います。そんな時にも、phpmyadminならDB情報のインポートが可能であり、テーブル構造からデータまで丸々お引越し可能です。

 ただ、環境として引越し元になるDBをPHPmyadminでエクスポートする必要があるので、phpmyadminを入手する必要があります。
 その方法も解説していきます。

1.公式ページphpmyadminダウンロードからモジュールをダウンロードします。
1

2.zipを解凍します。そして解凍されたフォルダ内にindex.phpがありますのでそこまでのフォルダパスを控えます。
<例>
・フォルダパス: Cドライブ直下のphpmyadminフォルダに解凍(c:\phpmyadmin\phpMyAdmin-4.6.1-all-languages)
・phpのphp.exeフォルダ:C:\php

3.ローカルホストを立ち上げます。コマンドプロンプトを開いて次のコマンドを打ちます。なお、コマンドパスは上記<例>の環境を想定していますので、ご自身の環境に変えて実行願います。
<コマンド>
・cd c:\php
・php -S localhost:8000 -t c:\phpmyadmin\phpMyAdmin-4.6.1-all-languages

「Press Ctrl-C to quit」が表示されたら確立できました。

4.インターネットブラウザを開きます。開きましたらアドレスバーに次のアドレスを入力します。

http://localhost:8000/index.php

<入力結果>
3

5.ログインは、引越し元のMySQLに設定しているIDとパスワードでログインします。ログインすると次の画面に変わります。
4

6.左側のツリーからエクスポートしたいデータベースをクリックします。その後、エクスポートをクリックします。
5

7.実行をクリックします。(詳細設定は必要な人がしましょう)
6

8.DB名.sql のファイルができますので、任意の場所に保存してください。
7

9.エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

10.サーバーパネルのトップ画面からphpmyadminをクリックします。
(ログインは、サーバーパネルで作成したMySQLユーザのIDとパスワード)

11.ログインしたら、インポートをクリックします。
1インポート

12.インポートするファイル の項目で先ほどエクスポートしたDB名.sqlファイルを選択して実行しましょう。
2インポート

以上です。左のツリーからデータベースを選択肢構造を確認しましょう。


■まとめ

一、DBを作ってからテーブルを作成
二、DBのお引越しにはphpmyadminが必要
三、パスワードがたくさん設定されるので忘れないようにしよう



[Sponsored Link]